Whole Earth Catalog ①

「ホール・アース・カタログに興味を持ったので、もっと詳しく知りたい。」とおっしゃるお客様には、次の4つの書籍を紹介しています。

1.『ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力』 池田純一、講談社現代新書

2.『Spectator vol.29 ホール・アース・カタログ〈前篇〉』エディトリアル・デパートメント、幻冬舎

3.『Spectator vol.30 ホール・アース・カタログ〈後篇〉』エディトリアル・デパートメント、幻冬舎

4.『20世紀エディトリアル・オデッセイ − 時代を創った雑誌たち』赤田祐一ほか、誠文堂新光社

 まず、1番目の書籍ですが、ホール・アース・カタログの概要を紹介しつつ、アメリカのコンピュータ文化との関係などが記述されています。

 次に、2番と3番の書籍ですが、日本語でホール・アース・カタログの全容を知ることができる最良の書といえると思います。〈前篇〉は、ホール・アース・カタログが誕生するまでのストーリーや、カタログがどのような内容で構成されているのかを詳細に記されています。〈後篇〉は、ホール・アース・カタログをつくってきた編集者4名のインタビューを中心に、ホール・アース・カタログの思想の核心に迫る内容になっています。特に〈後篇〉の編集者へのインタビューはとても貴重なものだと思います。

 最後に4番目の書籍ですが、ホール・アース・カタログの概要はもちろんのこと、ホール・アース・カタログに影響されて誕生した日本の雑誌についても紹介されていて、簡潔にまとめられている良本だと思います。

 以上の4つの書籍を読むことで、ホール・アース・カタログを詳しく知ることができるでしょう。創刊された背景などを知ることで、よりホール・アース・カタログに興味が湧くことと思います。

 是非、どれか1冊でも読んでみてください。

最新記事
アーカイブ
タグから検索