Clearcut


《Clearcut, Bill Devall, 1994》

「Clearcut」とは、樹木が伐採された場所のことをいいます。

この大型本は、大きな写真とテキストでアメリカ各地の森林伐採の現状(出版当時)を伝えています。出版されたのは20年以上前のことですが、ここで取り上げられた場所は現在どうなっているのでしょうか。伐採がさらに進んでいるのか? それとも再び樹木が茂り始めているのか?

以下、ミレニアム・ホール・アース・カタログの91ページに掲載されている、Peter Warshall による書評です。

......................

大統領のナイト・テーブル用の本である。我々の国土の森林の95%は既に存在しないということを真剣に考える時間である。残りの5%を次世代のために保存しますか? 産業側は「やりすぎだ。」と言う。皆伐地は「十分といえば、十分である。」と言う。100枚の見事な写真と12の優れたエッセイは、2000年代のためのコーヒー・テーブル・ブック(卓上用の大型豪華本)になるだろう。

[Peter Warshall]

《THE MILLENNIUM WHOLE EARTH CATALOG, pp.91, 1994》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索