Fresh Fruits


《Fresh Fruits, Shoichi Aoki, 2005》

東京・原宿のストリート・ファッションの写真集です。日本人にとっては見慣れている光景かもしれませんが、海外の人からすると、そのカラフルな服装は特異な光景に映るようです。

先月、アパレル・ブランドの『BEAMS』が、『TOKYO CULTURE STORY』と題した動画を公開しました。BEAMSがスタートした40年前から現在までのストリート・ファッションを時系列で紹介しています。興味深い動画に仕上がっていますので、是非チェックしてみてください。

『TOKYO CULTURE STORY』

→この本を買う

以下、Kevin Kelly による書評です。(『COOL TOOLS』の101ページに掲載)

※『COOL TOOLS』は、現代版のホール・アース・カタログというべき大判カタログです。ホール・アース・カタログの編集に携わり、のちに雑誌『WIRED』の創刊編集長をつとめた Kevin Kelly により出版されました。

......................

よりカラフルな服をみんなが着たら、世界はより良い場所になるのではないか? 日本のストリート・コスチュームのアルバムを眺めていると、決して退屈にならず、カラフルな服の天国を垣間見ることができる。『Fruits』の続編である本書は、色の自由を説いている。そして、あなたがクローゼットに立って黒色の服を取り出しそうとしている時に、ざっと目を通されるのを期待している。

[Kevin Kelly]

《COOL TOOLS, pp.101, 2013》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索