Make a Chair from a Tree


《Make a Chair from a Tree, John D. Alexander Jr., 1978》

原木からイスを製作する手順(伐採→部材づくり→組み立て)を紹介した書籍です。

今では絶版になっているこの本ですが、アメリカの中古本市場では稀少本の扱いを受け、高額で取引されています。ebayのようなオークション・サイトであれば、古書店で購入するよりは安価(10,000円前後)で入手できると思います。

下の書評にあるように、Greenwoodworkingのウェブサイト(http://www.greenwoodworking.com/)では、本の内容を簡単に紹介しています。興味ある方はチェックしてみてください。

以下、Kevin Kelly による書評です。(『COOL TOOLS』の46ページに掲載)

※『COOL TOOLS』は、現代版のホール・アース・カタログといわれている大判カタログです。ホール・アース・カタログの編集に携わり、のちに雑誌『WIRED』の創刊編集長をつとめた Kevin Kelly により出版されました。

......................

伐採した緑木が濡れている場合、手工具を使うと作業しやすい。木は乾くにつれて硬くなり、作業がしにくくなる。年配者は、その辺の小さな木から緑木を切り取り、椅子の部材をつくる。そして、釘を使わずにその部材を組み立てる。木は乾燥するときつく収縮するので、丈夫で美しい椅子なるだろう。この「失われた芸術」と言うべき製作過程を、著者のJohn Alexanderは再評価した。しかし、この本は絶版になってしまい、現在中古本は350ドルに高騰している。 初版以来35年間、著者はこの製作法を見直し続け、さらに洗練された製作法をビデオにまとめた。ビデオは多くの点で本よりも優れている。ビデオのサンプルは、下のリンクで見ることができる。ビデオの中で、Alexanderはこの本の第3版の出版を約束している。 木から椅子を作るというアイデアに興味があるのなら、Greenwoodworkingのウェブサイトをチェックアウトするとよいだろう。

[Kevin Kelly]

《COOL TOOLS, pp.46, 2013》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索