The Worst Case Scenario Survival Handbook


《The Worst Case Scenario Survival Handbook, Joshua Piven et al., 1991》

もしサメに襲われたら? もし毒蛇に噛まれたら? もし走っている車から飛び降りなければならなくなったら? 爆弾の見分け方は?...

日々起こるであろう様々な危険から身を守る方法を真面目に解説した手引書です。この本はシリーズになっていて、ほかに仕事編、トラベル編、カレッジ編など多数出版されています。ここに書かれていることが本当に役に立つかどうかはさて置き、日常起こりうる危険を知るために一読するのもよいかもしれませんね。


→この本を買う

以下、Kevin Kelly による書評です。(『COOL TOOLS』の159ページに掲載)

※『COOL TOOLS』は、現代版のホール・アース・カタログというべき大判カタログです。ホール・アース・カタログの編集に携わり、のちに雑誌『WIRED』の創刊編集長をつとめた Kevin Kelly により出版されました。

......................

これらは冗談の本であるというのは分かっているのだが、良識ある質問に対して賢明な答えが書かれている。最悪なシナリオを回避するために予行演習をしてみないかい? 生存の機会が数パーセントアップするかもね。

[Kevin Kelly]

《COOL TOOLS, pp.159, 2013》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索