Earth from Above


《Earth from Above, Yann Arthus-Bertrand, 2002》

前回にもこのような本を紹介しましたが、今回はカラーで大判の写真集です。

空から地上を撮影した写真はインターネットを検索すればいくらでも出てきますが、こうして1冊の写真集として編集されたものを見ると、何かしらのストーリーを感じずにはいられません。ひとつひとつの写真に込められたメッセージをみなさんで読み取ってみてください。

以下、Kevin Kelly による書評です。(『COOL TOOLS』の241ページに掲載)

※『COOL TOOLS』は、現代版のホール・アース・カタログというべき大判カタログです。ホール・アース・カタログの編集に携わり、のちに雑誌『WIRED』の創刊編集長をつとめた Kevin Kelly により出版されました。

......................

物ごとに対するあなたの見方を変えるために、空から見下ろしてみよう。この作品は、Georg Gersterの著作『Grand Design』『Below from Above』に類似した空から地上を眺めた写真がおさめられているが、それらの本のような叙情的な優雅さはなく、ここにあるのはカメラのワインダーの多様性である。例えば、鈍い政治問題(森林伐採)だったり。その写真は、地球の多くの生物圏を撮影している。

[Kevin Kelly]

《COOL TOOLS, pp.241, 2013》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索