The Last of the NUBA


《The Last of the NUBA, Leni Riefenstahl, 1973》

スーダンの少数民族「ヌバ族」を記録したレニ・リーフェンシュタールによる写真集です。ヌバの人々の無駄のない肉体美や日常生活のようすをカラー写真で収録しています。ジャケット写真がインパクト大ですね。

→この本を買う

以下、ネクストホールアースカタログの42ページに掲載されている、Stewart Brand による書評です。

......................

アンセル・アダムスの『This Is the America Earth』やエリオット・ポーターの『In Wildness Is the Preservation of the World』に影響を受けた著者レニ・リフェンシュタール。この本において彼女は、バランスの取れた人生とはどのようなものかを愛情豊かに表現している。ヌバは遠く離れた東アフリカの部族である。レニ・リフェンシュタールは『Triumph of the Will』と『Olympia』の映画を製作した女性である。この本はほとんどがカラー写真(官能的で、私的で、感動に満ちた写真の数々)で構成されている。

[Stewart Brand]

《The Last of the NUBA, Leni Riefenstahl, 1973》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索