Camouflage and Mimicry


《Camouflage and Mimicry, Denis Owen, 1982》

捕食者を欺くために生物が行うカモフラージュや擬態のようすを記述した書籍です。からだの色で警告を発したり、からだのかたちを岩や葉に似せたりと様々な試みが掲載されています。人類も彼らから学ぶことが多くありそうです。

→この本を買う

以下、ミレニアム・ホール・アース・カタログの18ページに掲載されている、Peter Warshallによる書評です。

......................

生態系の目に見える世界において、誰が誰をどのように捕食しているのかを美しい挿絵入りで紹介している入門書である。

[Peter Warshall]

《Camouflage and Mimicry, Denis Owen, 1982》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索