The Book of Genesis Illustrated


《The Book of Genesis Illustrated, Robert Crumb, 2009》

著者 Robert Crumb は、アンダーグランド・コミック運動の代表的な作家の一人です。その彼が聖書の『創世記』を漫画で表現したのがこの本『The Book of Genesis Illustrated』です。

これまで取っ付きづらかった聖書でも、このようにコミカル雰囲気の漫画になると読みやすくなりますね。

→この本を買う

以下、Kevin Kelly による書評です。(『COOL TOOLS』の461ページに掲載)

※『COOL TOOLS』は、現代版のホール・アース・カタログというべき大判カタログです。ホール・アース・カタログの編集に携わり、のちに雑誌『WIRED』の創刊編集長をつとめた Kevin Kelly により出版されました。

......................

聖書の『創世記』にはすべて(性、暴力、天使、戦争、殺人、英雄、近親相姦、世界的規模の災害、恐ろしい謎、そして時代遅れの物語など)が含まれている。コミックの天才 R. Crumb は、聖書の言葉の言葉を変えたり省略したりせず、巧みにかわいらしく、自分のイラストをPG-13に格下げしてこの本をつくり上げた。これで聖書の最初の本を読んでいないという言い訳はできないはず。[Kevin Kelly]

《The Book of Genesis Illustrated, R. Crumb, 2009》

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索